ヌーソの皿の上

福祉とpc関係の記事です

福祉施設における人事考課の実態

福祉施設の人事考課って考えたことがあるでしょうか?
ひと昔前、社会福祉法人には第三者評価を入れるように、行政が力を入れたことがあります。
この第三者評価をする組織は行政の指針に沿って評価するので、いわば行政の委託事業みたいなものの印象を受けています(独自評価をしているところもあると思います)。そして、その評価内容をみてみると、一にも二にも人事考課を入れるようにと促す内容でした。当時の私には、行政の意向にそった人事考課の導入をするように促されたものとしての印象を受けました。

 

人事考課は大義名分

 

この記事を書くにあたり、ネットにある社会福祉法人の人事考課規程、もしくは要綱を数か所読みました。
仕組みはどこも似たり寄ったりで、恐らくは賞与(勤勉手当と間違えてないか気になりましたが)への、支給額を何パーセント減額するかという減点法を用いている印象です。
加算法と違い、ほぼ100パーセントは出せないような仕組みになっている印象です。
名目は、職員のモチベーションや育成を謳いながらも、基準値を設け、その基準に達しているかどうかにより、大体60%~90%台の支給をしているのでしょう。
その考課測定方法はその法人、事業所によるでしょうが、1次考課、2次考課に分け牽制を取れるようにしているようです。1次考課する人は直属の上司、2次考課するのは部署の部長クラスの管理職にしているから、評価内容は公平性を保てていると言いたいんでしょうね。

ではなぜ、60~90%の支給率にしているかと言えば、それはあくまでその職種の全国平均年収に合わせ、グループ内の人件費を全国からみても平均に保ちたいからです。
もし上司が「本当は100%みんなに出したい」なんて言っていたらそれは大嘘なんですよ。経営側は経営側で、その経営手腕を推し量られているので、人件費率80%を超えるような人件費支出にはしたくない。でも収入は施設という箱ものである以上、めい一杯汲んでも限界点はある。となれば人件費支出を人事考課というなの大義名分を得て減らしたいのが現状であります。

なのにこの人事考課を苦しめているものがあります。それは福祉事業所なら大体支給されている処遇改善加算です。


処遇改善加算は、経営側からすれば皮肉なもので、前年度の支給額に上乗せした形で支給するようになっています。特に2024年現在、経済は上向きの動きをしているといわれ、かつ物価は高騰している以上、国家公務員は人事院勧告により給与が上昇します。それなのに、処遇改善加算が減額になるということはあり得ないわけです。さらにベースアップ加算という介護職員の月給を増やすための加算もあるわけですから、経営側は下げても下げても、年々職員の給与は上がってしまうような状況なんでしょうね。それなのに人事考課を導入しながら「うちの事業所に人が集まらない」なんて口にしている偉い方を見ると、矛盾しているなと感じてしまいます。

 

 

人事考課の良い点とは?


まず第一に言いたいのは、考課基準が減点法でモチベーションがあがるでしょうか?人事考課の触れ込みは、「職員のモチベーション」を上げるものとして導入を勧められたというのに、実情は人件費を抑える効果にしか利用されていないと思います。私の言っていることが嘘だと思うなら、社会福祉法人職員で、賞与支給額200%支給だったというような人を探してみてください。普通の賞与上率3.5あたりの2倍を支給された人はほぼいないはずですよ?
また、何をもって人事考課としているかです。本来人事考課というのは、目標とした到達点に対してのモニタリング結果であるべきです。ではその到達点とは、社会福祉事業職員にとって何を指すのかです。
もっと具体的に言えば、何をもってキャリアアップなのかではないでしょうか?保育園のキャリアアップ研修など見ていると、中堅層以上の保育士が受ける研修は、職員のマネジメントに関する研修を受けています。障がい者分野でいえば、社会福祉士を取って、次は精神保健福祉士をとろうなんて触れ込みを見てきました。
職員のマネジメントというのは、リーダー研修の延長線上に思えるかもしれませんが、そもそも経営者側が一番こだわる部分で、逆に職員には口出しをされたくない中身です。その研修を受けた保育士は、中堅層以上のキャリアアップ研修を受けたからといって、転職に役立つでしょうか?ましてや保育士以外の職種につけるというんですか?
そういう意味では、障がい者分野は資格取得を強く謳っていますから、転職には役立つでしょう。でもそれ以上に求められるのは研修を受ける制限のある、サービス管理責任者研修ではないでしょうか?ずいぶん緩和されたときいていても、実際の実務につく職員でなければなりませんから、国家資格よりもこの研修のほうが実質上位資格と言えるでしょう。では国家資格はなんなんですか?サービス管理責任者になるための過程だと?いやいや、国家資格なのにですよ?なにをもって国家資格なんですか?

 



もっと本当の意味での人事考課を


福祉施設にとって真の人事考課を進めるためには、福祉職の資質問題ばかりに着目した研修や、経営側に煙たがられるキャリアアップでは意味がないと思うんです。一人ひとりがそのキャリアアップを経て得られる評価がないと、本来の意味での人事考課にはなりません。例えるなら、人事考課・キャリアアップがその人の担保になるような仕組みが必要だと思います。

こんな記事も書いているので、併せて読んでいただければと。

nu-so.hatenablog.com

悲観に見える介護業界のアンケート

10年後を担う中核人材が「いない」 介護事業所の4分の1が回答 国調査 5/20

kancho-t.com

10年後にサービス運営の中核を担っていく人材の適任の候補はいるか?介護事業所・施設にそう尋ねたところ、全体の4分の1を超える27.0%が「いない」と答えたことが国の調査で分かった

 

この記事を書こうとは思いながらも、随分手が止まってしまいました。

 

まず、この問題は悲観するべきなのかということです。

確かに人材不足が顕著になってきている表れではあります。

そして、さらなる高齢化が進む日本において由々しき問題が浮き彫りになったともいえる事態です。

 

ですが、もう一方で注目しなければならないのは、回答をしているのは介護事業所・施設であるということです。介護職場の職員たちがコメントしていることではありません。

つまりは、「経営者視線」であるということです。

経営者視線においての将来の「中核人材」とは何を指すでしょうか?

想像にたやすいのは

①中核を担うまでの現在は若くて、②安い賃金で働いてくれて、③その職場への忠誠心のある、④従順な人材

を指しているように思えないでしょうか?

 

端的に言えば、そんな都合のいい人がゴロゴロいるわけないんです。

介護職員には処遇改善交付金が支払われており、大よそどこの職場を選んでも、大幅に賃金の増減があるわけではありません。

となれば、介護職員の立場から言えば、

「①風通しの良い職場で、②福利厚生があり、③信頼関係を築ける指導者がいる職場」

に人が集まるのはごく自然な流れだとは思いませんか?

 

となれば、この記事で回答した「4分の1」の事業所で、客観的に見ても人材難で困難な状況に置かれている事業所は、何パーセントに上るか正確なものが欲しいと思ってしまったのが、手が止まった理由です。

 

ちょっと主観に寄りすぎていて、正確性に乏しいと感じます。

保育・福祉全般ニュース 2024.5.17~2024.5.23

1週間の中で気になったものを魚拓系ニュースにしているページです。

すぐにリンクは切れると思いますが、日付をさかのぼったりするのに使っていただければ。

 

日常を奪われ悔しさと憤り…「消防の指示通りできていれば」新居浜・給食のリンゴ食べ園児重体事故から1年 両親の思い 5/15

https://news.yahoo.co.jp/articles/1bf58946307a6810744ead02586fb30f2f6e6e5d?page=1

 

保育士配置基準の見直しで保育現場は?八王子の事例などから考える 5/16

https://www.nhk.or.jp/shutoken/wr/20240516a.html

 

「会長が私物化した…」領収書ない支出や私的な飲食代 補助金など約360万円不適切処理 城陽市社協 5/16

https://www.ktv.jp/news/articles/?id=12362

 

長崎県立こども医療福祉センターの利用中に男児がケガ…母親が不安を訴える 5/17

https://www.ktn.co.jp/news/detail.php?id=20240517007

 

AI活用で変わる保育の現場 うつぶせ寝など“突然死”リスクにアラート コールセンターの“カスハラ対策”にも 5/17

https://www.fnn.jp/articles/-/700836

 

幼少期の体験から歓楽街に保育所を立ち上げたスナックのママ「親が幸せ=子供も幸せ 5/17

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rkb/1176556?display=1

 

子どもの長期休暇が繁忙期… レゴランドが始めた「企業内学童」 5/17

https://news.yahoo.co.jp/articles/49c65f6bc7e5cce1e14f16ca006664be68dc3530

 

就労条件・所得制限なし…全子育て世帯対象・大阪市「こども誰でも通園制度」17施設649人を受け入れへ 5/17

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20240517/GE00057461.shtml

 

最初から入れる福祉避難所を 5/17

https://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/13237

 

東海村の障害者支援施設で”虐待” 茨城県「指定停止処分」に 5/17

https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20240517/1070024086.html

 

「保育士になりたい」という子ども好きの娘。年収はどのくらいもらえるのでしょうか? 5/17

https://financial-field.com/income/entry-293845

 

ワーママが実際に利用して感じた「幼稚園」「保育園」「こども園」それぞれのメリットとデメリット 5/18

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5a1e715e394973ca276db91a635058322e213a0

 

“うつ伏せ状態”続くとアラームが…園児の“突然死”を「AI見守り」で防ぐ 昼寝姿勢を5分ごとに解析 保育士の負担軽減も 5/18

https://www.fnn.jp/articles/-/701051

 

"子持ち様"論争過熱、人手不足で「しわ寄せ誰に?」傷つく労働者たちの切実な声…企業や社会こそ意識改革を 5/19

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b2fb1aee3b29152513fbb119907137df2db4465

 

<2024年>港北区内で希望する保育所に入れない「保留児童」の数は416人 5/20

https://hiyosi.net/2024/05/20/nursery_school_2024-2/

 

大津市の待機児童が過去最多 マンション建設など背景に 5/20

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20240520/2000084418.html

 

失業認定、全国でオンライン化 子育て、障害者ら対象に来年1月 厚労省 5/20

https://news.yahoo.co.jp/articles/f09f2d8fdedba8a49f5fb4dfc6c13a4a61d4406f

 

認可外保育施設でリンゴ詰まらせ女児死亡 検証委「事故防げた可能性」 5/21

https://news.yahoo.co.jp/articles/828cd170df0fa19f5be70a256b62ad56d2e912f0

認可外保育施設「さかのうえ ふれあいえん」

 

↑関連1:東京都教育・保育施設等における重大事故の再発防止のための事後的検証委員会からの報告及び提言について 5/21

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2024/05/21/09.html

 

↑関連2:国分寺 保育施設で1歳女児死亡 給食のりんごが原因の可能性 5/21

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20240521/1000104767.html

 

福祉的就労から一般就労へ 国内初の取り組み 働く障害者の収入とやりがいを高める 宮城・美里町 5/21

https://www.khb-tv.co.jp/news/15274244

 

保育所で女児にわいせつ疑い、保育士の男6回目逮捕 5/22

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2024052200533

 

子供を預けてパパやママは休息を 疲れ癒やせる保育施設が誕生 5/22

https://www.sankei.com/article/20240522-6IDVRLVHY5L7PEWHICHR25KPZY/

 

“産まれるいのち”どう守る? 「特定妊婦」支援の最前線 5/22

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240522/k10014449491000.html

 

総社の認可外保育所 期日までに給料払わなかった疑い書類送検 5/22

https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20240522/4020020345.html

 

人々の暮らしをいかに守るか――地域の福祉・医療を支える独立行政法人福祉医療機構 5/23

https://www.sustainablebrands.jp/community/column/detail/1221902_2557.html

介護ニュース 2024.5.15~20234.5.21

1週間の中で気になったものを魚拓系ニュースにしているページです。

すぐにリンクは切れると思いますが、日付をさかのぼったりするのに使っていただければ。

 

 

介護保険料改定 自治体間で約6000円の差も あなたの住む街は? 5/14

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240514/k10014448391000.html

 

65歳以上の介護保険料、2000年度の2・14倍に…4月から全国平均で月6225円 5/14

https://www.yomiuri.co.jp/national/20240514-OYT1T50074/

 

65歳以上の介護保険料 改定で月額いくら?東京 千葉 埼玉 神奈川などの市町村別の保険料 一挙掲載 5/14

https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20240514b.html

 

離れて暮らす親に介護が必要になる前に、押さえておきたい5つの準備とは? 5/14

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/883e429bc38ca04b1e3de7fa2123e8e8a30263a2

 

「万博やってる場合じゃない」介護保険料、大阪市が全国ワースト9249円の一方で万博負担「ひとり2万7000円」試算に市民の怒り爆発 5/15

https://news.yahoo.co.jp/articles/77af6bcebb6e4c856a63b8dd22efb877c0fd8132

 

氷河期世代をどうするか 老後に不安、福祉拡充検討を 5/15

https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/kondo-ayako/03.html

 

介護保険料改定 県内平均月額5809円 全国で7番目に低い 高知 5/16

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20240516/8010020495.html

 

65歳以上の介護保険料、あなたの街はいくら?…全国自治体の保険料一覧 5/16

https://www.yomiuri.co.jp/life/20240516-OYT1T50102/

 

『65歳以上の介護保険料』基準額が過去最高に…理由は介護職員の処遇改善など 介護現場の声「施設への介護報酬の安定化につながるなら将来的にメリット」 5/16

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20240516/GE00057442.shtml

 

【なぜ】介護保険料に「月6000円・年間7万円超」の“地域差”浮き彫りに…自治体間格差は広がる?2040年には「9000円」推計も 5/16

https://www.fnn.jp/articles/-/699944

 

介護保険料『大阪市が突出して高いワケ』は一人暮らしの高齢者が多いから...家族のサポートがなく軽度でも介護サービスが必要となる傾向 「低所得者」の割合の高さも要因 5/17

https://www.mbs.jp/news/feature/specialist/article/2024/05/100364.shtml

 

「介護費用は、どのくらい準備しておけばいい?」知っておきたい考え方 5/17

https://media.moneyforward.com/articles/9357/summary?af=home_list_1st

 

ケアマネの業務範囲議論 「何でも屋」負担増も―介護保険制度で厚労省 5/18

https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051800105&g=soc

 

介護施設で働く500人超の“悲鳴” 「過剰サービス」「スタッフの入れ替わりが激しい」 課題とは? 5/18

https://otonanswer.jp/post/204508/

 

施設でも、在宅介護でも…現役介護士がすすめる「入浴介助の負担」を大幅に減らす「画期的なアイテム」 5/19

https://gendai.media/articles/-/129985

 

愚かでした…年金17万円・78歳男性「安っ!」と選んだ〈老人ホーム〉も「こんなはずじゃなかった…」と大後悔。見学では見抜けなかった落とし穴 5/19

https://news.yahoo.co.jp/articles/118176358e63a38f2e18846f5f2f1944afaf02b0

 

志茂田景樹さん 要介護5「認定を受けました」 「何かにしがみついて立ち上がることさえできません」 2017年・関節リウマチを発症 5/19

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec6937b9f0bdc131a03a999e78e7b62952ee8f5f

 

[社説]介護保険料の上昇抑制へ改革を急げ 5/19

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD16BDS0W4A510C2000000/

 

〈社説〉 介護保険料改定 福祉の自治、考える機会に 5/19

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2024051900070

 

65歳以上の介護保険福島県は全国で14番目に高い 5/20

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20240520/6050026224.html

 

子犬、アザラシ——かわいい動物ロボットが認知症介護を変える日 5/20

https://www.technologyreview.jp/s/336734/how-cuddly-robots-could-change-dementia-care/

 

ここが知りたい『なぜ現役世代の社会保険料は上がり続けるのか(その2)』 5/20

https://www.dlri.co.jp/report/dlri/339772.html

 

10年後を担う中核人材が「いない」 介護事業所の4分の1が回答 国調査 5/20

https://kancho-t.com/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E8%A9%B1%E9%A1%8C/%EF%BC%91%EF%BC%90%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E3%82%92%E6%8B%85%E3%81%86%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E4%BA%BA%E6%9D%90%E3%81%8C%E3%80%8C%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8D%E3%80%80%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BA%8B%E6%A5%AD/

 

介護費用の平均は600万円!?親の介護のための「心構えと準備」を10年以上経験者と考える 5/20

https://mi-mollet.com/articles/-/48641

 

[知りたい!介護保険]<3>自宅に「介護保険証」が届いた 訪問介護やデイサービスを受けるために必要な手続きは? 5/21

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20240507-OYTET50000/

ハラスメント問題を深掘り:利用者の権利と認識

これまでも、ハラスメントはよく記事にしてきました。
特に去年は2本ほどハラスメントの記事を書きました。

利用者からのハラスメント

nu-so.hatenablog.com


去年の今頃掲載した記事で、Xでずいぶん「いいね」を頂いた記事です。
ハラスメント行為をサンクション(刑罰・処遇)だと思っていないか?という話をしました。

居酒屋けんざん(29)ハラスメント2

nu-so.hatenablog.com


は、調子悪くて嫌がっているはりえさんに無理やり付き合わせた回です(そもそもそれがハラスメント(笑))
セクハラっていくつからなんだろうという話に、なんでも線引きや定義決めするべきじゃないという話でまとまっています。

今回は、ケアマネが受けるカスハラ(カスタマーハラスメント)に限定して、考えてみたいと思います。

 

良くも悪くもチームプレイ

介護職、保育士、支援員と福祉職のその多くは、チームプレイで働いています。
大よそが施設職員であり、人相手の仕事ですから、24時間365日の対応が求められるため、一人の担当が毎日関わるということはできないんです。
一番小規模なものといえば、グループホームなどもありますが、特養は行政の強い推進のもと、新型特養と呼ばれるユニット型が主流で、個室で数名の小規模なグループで生活をしています。
グループ分けされるため、担当する職員も固定されますが、それでも夜勤などもあり、必ず毎日顔を合わせるということはありません。

チームプレイのいいところは、利用者からの苦情などを含めて、利用者福祉職間の人間関係が悪くなった時に、距離を置くことができます。
例えば、距離を置かなければならない状況になった時には、
介護、障がい者施設は違う担当区域に
保育園は、年齢別で担当している場合が多いので、担当の配置換えで対応したりします。

本当に失礼なことをしてしまったことや誤解を含め、人間関係間で冷却期間を設けることは職員だけでなく、利用者にとってもストレスを減らすことになります。
人間関係がどこまでも続く仕事ですから、大なり小なり施設職員はみんなこんな経験をしているものと思います。


では、ケアマネや訪問介護などの訪問サービスは?

この職種は、チームプレイでは働いていません。
もちろんチームプレイはありますよ。特に訪問介護などは、どうしても訪問できなくなった時は、同僚が代わりに訪問をこなすことになりますし。
でも二人同時に入るようなサービスは珍しいですね。施設だと入浴介助などは複数で介助をおこないますが、家庭のお風呂に入れる場合、二人の職員に利用者を含め3人も浴室には入れませんから。
いくらケアマネの計画や利用時の契約で、大よその仕事内容がきめられても、その工程は利用者さんと作り上げていくものです。着衣交換からトイレ、入浴介助を含め、素早い作業をしていればいいのではなく、利用者やそのご家族が満足する内容でなければなりません。それだけ、利用に対しても要望がダイレクトに受ける仕事でもあります。

その極みがケアマネの仕事だと思います。もっともチームプレイから離れたところにある仕事だといえます。
事務職のイメージが強いかもしれませんが、利用者やそのご家族の思いや要望を聴きだす術を必要とするので、ただ家に訪問したら終わりではありません。
どのような生活を望んでいるかも想像し、利用者本人になったつもりで内容を補いながら、理想に近づくためケアプランをたてる仕事です。今満足しているといわれたから、すぐ終わる訪問もあれば、現状の苦悩話から入っているサービスの苦情や不満など、せき止めていたものが流れ出し止まらないかのような話を聴き続ける訪問もあるわけです。


ケアマネの仕事はそれだけではない


問題は仕事内容だけに及びません。ケアマネは介護保険外サービスを行った経験がある人が8割に上るそうです。

www.asahi.com


どういうことかというと、介護保険に含まれないサービスの受け皿がケアマネになっているということなんです。
記事にあるように、貯金の引き出しなどを指します。私が経験したものでいえば、訪問介護には病院の付き添いというサービスもありますが、緊急時にはほぼ対応はしてもらえませんので、一緒に救急車になったり、ショートステイに荷物を運んだり、近くの銀行まで車に乗せたこともありましたね。これら全部無償で行うわけです。
特に私がやっていたころは、今の様に介護保険外サービスを行う業者が全くなかった頃ですから、利用者から見ればケアマネにすがるしかない状態でした。


そんな距離感の近い立場だからこそ


ケアマネは居宅介護支援事業所と契約するものとはいえ、ほぼ一人の担当ケアマネと利用者の一対一の関係です。
そして、カスハラをする側の利用者は、「カスタマーハラスメントをしている」という認識のない人が多いものと思います。
そんな関係図なので、簡単にケアマネは交代できないので冷却期間も持てない、一対一だから他の家と比較しづらく客観性が乏しい状況にあります。

さらに問題は根深く、カスハラをする利用者や家族のいる家庭を担当するケアマネは、新人が多いという問題です。
先輩ケアマネの嫌がらせで、問題のある家庭を新人に無理やりやらせることが多い、という話ではないんです。
カスハラをする人は、自分がカスハラをしているという認識がなく、苦情や自分の正当性を訴えるので、居宅側はその苦情に答えるため、どんどん担当ケアマネを交代させていくしかないわけです。
いつか相性のいいケアマネに巡り合えればいいですが、そういうケースも多くはなく、カスハラをする側の要望をかなえていくうちに、担当するケアマネがいなくなるわけです。
そうすると、新人ケアマネはもしかしたら相性が合うかもしれないと、カスハラをしている側だけでなく居宅側も積極的に新人に担当を持たせるという構図になってしまうのです。

これは、ケアマネをやりたがらない人を増やす問題を含むわけです。

私の願いは、人の手を借りずには生きてゆけなく憤りを感じている方や、家族の介護に苦しんでいる方など、介護保険を利用する方は大変お辛い立場にあると思います。
ですが、その辛さの矛先をケアマネに向けるようなことだけはしないでほしい、としか言えません。 ケアマネは真剣にみなさんの味方になろうと努力していますので。

保育園のホームページの子どもの裸写真対策

子どもの裸、ホームページに載せないで…全国の保育所や幼稚園に注意喚起 5/9

www.yomiuri.co.jp

"ポルノサイトに転載されるなどの悪用を防ぐのが目的"

"施設のホームページを確認して、画像が残っている場合は至急削除するよう要請"

 

昔、保育園のホームページを作り出した時、複数保育園を運営していたため、「うちの園だけは、子どもたちの写真を前面に載せる」なんて言っていた園長さんもいました。

 

その後、園長会議で大問題になったと聞きましたが・・・。

 

そんな過去を思い出しても、写真をのせる肖像権・個人情報の問題ばかりに着目していたので、顔には気を付けてきましたが、まさか子どもの裸のほうが問題になるとは想像もつきませんでした。

 

それがまさかポルノサイトに流出するということは、需要があり、流れた事実もあるからここまでの注意喚起につながったのでしょうね。

 

最近は、プール遊びなどもできるだけさせない方向できているので、裸の写真は少ないとは思うのですが、探す方もボット(プログラム)を使って根こそぎ写真を集めているのでしょうから、早急な写真変更はした方がいいと思います。