ヌーソの皿の上

福祉とpc関係の記事です

保育園(所)でのマスクの取り扱いについて ~2022.5.25

 


保育園関係の方は、結構困っているのではないかと思い、あえてニュースとして取り扱わせていただきます。

結論から申し上げますと

"子どものマスク着用については、これまでも2歳未満については、マスク着用は奨めておらず、この取扱いに変更はないこと。
・ 2歳以上の就学前の子どもについては、オミクロン株への対応として、令和4年2月から、保育所等において、可能な範囲で、一時的にマスク着用を奨めてきたが、今般、この取扱いについて、2月の変更前の取扱いに戻すこと。"

引用元 厚労省

https://www.mhlw.go.jp/content/000941323.pdf

 

この言い回しもわかりにくいのですが、
「他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない」
ということです。


5/19時点で、
"保育所内でマスク着用を求めてきたが、今後は推奨しない。"
と報道が出ていました。

この「推奨しない」という表現がわかりにくく

5/20の厚生労働大臣会見をみてみると、

 

-------------
子どものマスクの着用については、2歳未満の乳幼児は、マスク着用を推奨しない、2歳以上の就学前の子どもは、本人の体調がすぐれず持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理に着用させる必要はなく、マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子どもの体調に十分注意した上で着用をしていただくこととしてきました。
 その上で、2歳以上の就学前の子どもは、オミクロン株への対応として、保育所等において、発育状況等からマスク着用が無理なく可能と判断される児童については、可能な範囲で、一時的にマスク着用を奨めることといたしております。
-------------

 

引用元 厚労省大臣会見:

www.mhlw.go.jp

となっていたんです。
"可能な範囲で、一時的にマスク着用を奨める"
って、それはマスクをしろという事ですか?
と混乱しないでしょうか?

 

大切なお子さんを預かる保育園側としては、コロナについても適切な対応を心掛けたい中で、あいまいな発信が頻発しすぎです。


保育園としては、マスク着用を推奨し続けろということなんですよね?
でも熱中症になったら、だれの責任なんですかね?

介護系ニュース 2022.5.18~5.24

 

1週間の中で気になったものを魚拓系ニュースにしているページです。

すぐにリンクは切れると思いますが、日付をさかのぼったりするのに使っていただければと。

 

「実態を無視した暴論」 ケアマネ協会、財務省の介護費抑制策に猛反発 5/17

https://www.joint-kaigo.com/articles/2022-05-17-3.html

 

『介護が必要なコロナ患者』専門施設を大阪府が整備 福祉施設を借り上げて40床確保 5/17

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20220517/GE00043839.shtml

 

ホームセキュリティー③ センサー技術で介護負担軽減 5/18

https://www.sankei.com/article/20220518-4NXDBLOGHJM5ZCKQ7NQ423BTT4/

 

科学的介護のLIFE、データが上書きされるおそれ 厚労省が確認を呼びかけ 5/19

https://www.joint-kaigo.com/articles/2022-05-19-3.html

 

87歳の現役ホームヘルパー 夫の介護が終わり、72歳で店を閉めたが、歳がネックで仕事は見つからず…それならと資格を取り、人の役に立つ道へ 5/19

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd89063f08d97a12f56e864e12696c4714ac5bbd

 

ケアプランの事業所間共有をクラウドで 脱FAXへ今年度中に新システム整備 岸田首相が表明 5/19

https://www.joint-kaigo.com/articles/2022-05-19-4.html

 

岸田首相、介護職の更なる処遇改善を検討する方針を表明 「他分野と遜色ないところまで」5/20

https://www.joint-kaigo.com/articles/2022-05-20-2.html

 

【石山麗子】コロナ禍で情勢は変わった どうなる居宅介護支援の自己負担導入 賛否両論をみる 5/20

https://www.joint-kaigo.com/articles/2022-05-20.html

 

あきる野市長が、特養募集の広報を出す前に「業者は決まっている」 5/21

https://www.asahi.com/articles/ASQ5N6S78Q5NUTIL008.html

 

介護用品で買ってよかった、レンタルでもよかった意外なものとは? 5/21

https://news.yahoo.co.jp/articles/ffe5dafce515bef13de058ce919b8e33b22fcb66

 

月々の介護費用はいくら?特養やショートステイの「部屋代・食費」が軽減される条件【安藤なつ(メイプル超合金)が聞く】5/22

https://gentosha-go.com/articles/-/42873

 

【結城康博】軽度者の給付費をケチるとしっぺ返しにあう 要介護12の生活援助の給付外しは失策! 5/23

https://www.joint-kaigo.com/articles/2022-05-23.html

 

日本初の介護×自治×救急×病院の連携を実現した「ドクターメイト」シリーズBラウンドで10億円を調達 5/24

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000034.000047082&g=prt

 

 

保育園の避難警戒レベルについて比較しました

避難警戒レベルが見直されてから1年が経ちました。

 

政府広報
「警戒レベル4」で危険な場所から全員避難!5段階の「警戒レベル」を確認しましょう

www.gov-online.go.jp

 

各市町村でも、その対応ガイドラインが定められ、公表されています。

 

さて福祉関係者の方で、自分の地域の災害警戒レベルはどの段階で休園や事業所の休業の判断をして良いか、知っている方はどれくらいいるのでしょうか?

私は知らなく、自分の地域のものを今回調べる必要性がありました。
該当する所管庁に確認しても、「それは園や事業所で臨機応変にお考え下さい」と返答を受けたりしてきました。

市町村側も、避難警戒の発令は苦慮しているようです。

その証拠に、内閣府が発表している「避難情報に関するガイドライン

https://www.bousai.go.jp/oukyu/hinanjouhou/r3_hinanjouhou_guideline/pdf/hinan_guideline.pdf

には、「躊躇なく~~発令する」という言葉が22回も出てきます。

 

去年の改正で大きなポイントは、「避難勧告」という言葉がなくなり、警戒レベル3が「高齢者等避難」という名目になりました。

警戒レベル3の発令時には

"高齢の方や障がいのある方など避難に時間のかかる方やその支援者の方は危険な場所から避難し、それ以外の人も、普段の行動を見合わせたり避難の準備をしたり、危険を感じたら自主的に避難すること。"

 

とある以上、福祉事業所としてはこのレベル3で休園・休業の対応すればいいのかと思ってしまいます。

 

そこで、具体的なガイドラインはお住いの地域の指示に従っていただくとして、全国の傾向を調べてみました。

 

調べ方は、googleで2022.5.16に「保育園 避難 警戒レベル」と検索をかけて、市町村のものだけを検索上位順に10件調べてみました。

具体的な参照ページは、このページ下部にリンクを貼っております。

 

福祉事業所と言いながらも保育園に対しての、具体的指示が書いてあるものが多かったので、

<1>どのレベルで休園するか

<2>屋内安全確保・屋外安全確保などの指示があるか

<3>登園前・登園後などの指示はあるか

<4>地域別での対応や、再開する基準などの具体的な指示について

になります。

 

調べた地域

 

  <1>レベル <2>屋内・屋外 <3>登園前後 <4>具体的指示
大阪府 大川市 レベル3 × ×
佐賀県 佐賀市 レベル3 × × ×
佐賀県 伊万里市 レベル3 × × ×
④千葉県 船橋市

レベル3

もしくは

レベル4

×

浸水想定

区域別

静岡県 三島市 レベル3 × 地区別
⑥福岡県 うきは市 レベル3 屋内
⑦埼玉県 狭山市 レベル3 × 再開基準
⑧福岡県 筑後市 レベル3 ×
静岡県 武雄市 レベル3 × ×

レベル2から

具体的指示

あり

⑩福岡県 八女市 レベル3 × ×

各施設長

判断

 

となりました。

福岡県 うきは市が一番具体的な指示があり、BCPの策定もしやすいと感じました。

また上記データにはありませんが、長崎県大村市はレベル3は開園指示を出している地域もあります。

 

福祉事業所としては、レベルの段階によってBCP策定の義務化もあるので、具体的な想定内容が網羅されていると計画が立てやすいですよね。

 

このような記事も書いていますので、良ければ併せてお読みください。

nu-so.hatenablog.com

nu-so.hatenablog.com

 

 

 

参照データ先

---------------

①検索第3位
保育施設等における避難情報発令時の対応ガイドラインについて 大阪府 大川市
https://www.city.okawa.lg.jp/s028/020/010/hinan_guide.html 

②検索第4位
佐賀市内の保育施設における避難情報発令時の対応ガイドラインについて 佐賀県 佐賀市
https://www.city.saga.lg.jp/main/48164.html

③検索第5位
避難情報発令時の保育施設対応ガイドラインを定めました 佐賀県 伊万里市
https://www.city.imari.saga.jp/16368.htm

④検索第7位
避難情報発令時等における認可保育所等の対応について 千葉県 船橋市
https://www.city.funabashi.lg.jp/kodomo/hoiku/002/p092625.html

⑤検索第8位
避難情報発令時等における三島市内の保育施設の対応ガイドラインについて 静岡県 三島市
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn045062.html

⑥検索第9位
災害時における保育所等の対応基準について 福岡県 うきは市
https://www.city.ukiha.fukuoka.jp/kosodate/kiji0034311/3_4311_shiryou1_z1bw3hmw.pdf
⑦検索第10位
狭山市の保育施設における避難情報発令時の対応ガイドライン 埼玉県 狭山市

https://www.city.sayama.saitama.jp/kosodate/homeciao/azukeru/hoikusho/hoikuguidline.html

⑧検索第12位
筑後市内の保育施設における避難情報発令時の対応ガイドライン 福岡県 筑後市

https://www.city.chikugo.lg.jp/var/rev0/0024/9542/121631218.pdf

⑨検索第13位  
武雄市における保育施設等の避難情報 静岡県 武雄市

https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/kyoiku/kosodate/azukeru/doc/saigaiji.pdf

⑩検索第14位
災害時における保育施設の対応ガイドライン 福岡県 八女市

https://www.city.yame.fukuoka.jp/material/files/group/11/saigaizigaidorainver2.pdf

 

ニュース特集 児童福祉法などの改正案を解説

衆議院厚生労働委員会 児童福祉法などの改正案を可決 5/13

衆議院厚生労働委員会 児童福祉法などの改正案を可決 | NHK | 児童虐待

ニュース引用--------

児童相談所が、虐待を受けた子どもを保護者から引き離す「一時保護」の際に、裁判所が必要性を判断する「司法審査」の導入などを盛り込んだ、児童福祉法などの改正案は、衆議院厚生労働委員会で採決が行われ、全会一致で可決されました。

 

 

今回改正される児童福祉法、昨年からの骨子を見る限り、改正のポイントとしては、

・子育て世帯に対する包括的な相談・支援にあたる体制強化のための「こども家庭センター」を設置するよう努力義務

・親と分離する際の「一時保護状(仮称)」による司法審査

 

となっています。

このニュースの、わかりにくい点などを解説していきます。

 

 

 

 

1.名称

まず、このこども家庭センターとは、児童福祉法改正により第44条の21項に定める「児童家庭支援センター

通称「こども家庭支援センター」とごちゃごちゃになってしまいますよね。

関連した施設の名称とその役割を一覧にします。

 

児童相談所

児童福祉法12条に基づく

設置主体:都道府県及び市町村

役割:児童虐待対応・非行行為対応・療育手帳の判定 など

 

②子ども家庭支援センター(法律名称 児童家庭支援センター

児童福祉法 第44条の21項に基づく

設置主体:都道府県知事認可による地方公共団体及び社会福祉法人

役割:育児相談・子育て支援サービスの導入・児童虐待の未然防止・啓発活動 など

 

③子育て世代包括支援センター(法律名称 母子健康包括支援センター)

母子保健法に基づく

役割:妊産婦及び乳幼児並びにその保護者を対象に実情を把握し、妊娠・出産・育児に関する各種の相談に応じ、必要に応じて支援プランの策定を行う

設置主体:市町村

 

④子ども家庭総合支援拠点

児童福祉法・市区町村子ども家庭総合支援拠点設置運営要綱に基づく

設置主体:市町村

実情の把握・情報提供・虐待・貧困などを含めた相談支援

 

 

とあり、この③子育て世代包括支援センターと④子ども家庭総合支援拠点が合併して、「こども家庭センター」を設置するというのが、今回の改正ポイントなんです。

 

この2つの拠点は、2017(平成29)年に整備されたもので、まだ5年しか経っていません。

どちらも設置主体は市町村側にありますが、それを今回は、できるだけ合併するようにというお達しなわけです。

 

 

2.相談窓口

1.で紹介したように、②~④はどの施設でも子育てに関する相談を受け付けています。

実はそれ以外にも、お近くの保育園でも相談窓口があるのをご存じでしょうか?

保育園には、療育支援加算というのがあります。

 

--------------

療育支援加算

主任保育士専任加算の対象施設かつ障害児を受け入れている施設において、主任保育士を補助する者を配置し、地域住民等の子どもの療育支援に取り組む場合に加算する。なお、当該加算が適用される施設においては、障害児施策との連携を図りつつ、障害児保育に関する専門性を活かして、地域住民や保護者からの育児相談等の療育支援に積極的に取り組むこと。

--------------

とされています。

つまり、近くの保育園でも相談ができるところが多いということになります。

 

今回のこども家庭センターを含め、窓口を多くし育児に困っている世帯を、できるだけセーフティネットにつなげるという役割があるんです。

 

 

でも育児自体に悩んでいる人は、おおよそ保健所に行くと思うんです。

保健所は、母子健康手帳の交付などを行い、乳幼児健診などでもお世話になるところです。

 

虐待問題→児童相談所

育児→保健所

という相談窓口はわかりやすいですよね。ではこども家庭センターにはどのような相談を?とならないでしょうか?

合併し一本化する以上は、広い相談窓口としての印象づけがもっと必要になると感じます。

 

 

3.虐待問題と司法審査

改正ポイントにも出てきているとおり、虐待問題が主な課題になっています。

虐待相談件数はこの20年で11.5倍まで跳ね上がっています。

 

参照元厚生労働省 令和2年度の児童虐待相談対応件数を公表

www.orangeribbon.jp

 

 

 

数字を追ってただ危機感を感じる以上に、その相談が「虐待」にあたるのかどうか判断する、という問題にも直面しているわけです。

そして、その状態から一時保護まで踏み切るべきかどうかという判断を、今までは児童相談所か警察間でしか判断してこれなかったわけです。

それだけ複雑化した状態にあるからこそ、司法の介入が必要になったということなんです。

 

ですが、この一時保護の緊急性については、今まで地域差があったことも問題視するべきです。

虐待はその環境や状態を含め複雑な問題なため、児童相談所の職員の力量に左右されていたわけです。

力量差を埋めるためには、全国均一な緊急度のアセスメントシートなどを作り、公表していくことが、このあいまいな虐待問題の解決の糸口になると思うんです。

ですが、調べる限り現在は全国均一のアセスメントシートは存在していません。

 

一時保護をするときの緊急度アセスメントシート 千葉県

https://www.pref.chiba.lg.jp/jika/gyakutai/jidou/sankou/documents/7-0.pdf

保育・福祉全般ニュース 2022.5.13~5.19

1週間の中で気になったものを魚拓系ニュースにしているページです。

すぐにリンクは切れると思いますが、日付をさかのぼったりするのに使っていただければ。

保育園の夜間保育、親と子どもの目線から見たデメリットとは?

 

 

日本語が分からない妻が持ち帰った『メモ』 保育士の思いやりに感動 5/12

https://grapee.jp/1118704

 

保留児童、増加の背景にコロナ 育休延長のため「あえて」の選択者も 5/12

https://www.asahi.com/articles/ASQ5C74CRQ5CULOB006.html

 

衆議院厚生労働委員会 児童福祉法などの改正案を可決 5/13

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220513/k10013624551000.html

 

育休を取った父親は赤ちゃんへの「拒絶感」が強い?意外な調査結果の理由 5/14

https://diamond.jp/articles/-/303160?page=2

 

認定こども園3つのメリット・2つのデメリットとは?子育て支援新制度の利用方法も解説! 5/15

https://news.yahoo.co.jp/articles/e55db5a8fdc68f3c75460306b383fbf94a15e99e

 

保育中の園児死亡から1カ月… 必要な対策は 広島市 5/16

https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20220516153650

 

児童福祉法改正案、衆院通過 虐待保護に裁判官審査 5/17

https://www.tokyo-np.co.jp/article/177840?rct=politics

おすすめ

 

【独自】マスク着用「人と距離とれる屋外・保育所内の園児は不要」…専門家が見解案提示へ 5/19

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220519-OYT1T50016/